医療施設を選ぶなら泌尿器科があるところを

下半身

若い頃はまっすぐだったのに、年を取るにつれて、勃起時のペニスが曲がってしまう方がいます。そのせいで、痛みを感じたり、勃起自体が難しくなったりしている方もいるでしょう。もしかすると、ペロニー病というペニスに起きる病気が原因で、その困った状態になっているかもしれません。決して治らない病気ではないため、屈曲ペニスになっているのなら、病院やクリニックにて治療を受けましょう。なお、治療を受けるときは、泌尿器科がある施設を選べば、問題なく診察してもらえます。もちろん、ペニスをドクターに診てもらうことになるので、清潔にして泌尿器科を訪れましょう。症状が酷かったとしても、いきなり手術が行われることはないので、初診時に怖がる必要はありません。

手術を見据えて選ぶ

困っている人

ペロニー病が進行してしまうと、手術をすることでしか、屈曲ペニスを治療できない場合もあります。そのため、自身のペニスの曲がり具合が酷いというのなら、手術を受けることを覚悟しておいたほうがよいでしょう。ただし、ペニスの手術というのは、どこの泌尿器科でも行っているわけではありません。入院施設のあるような大きな病院やクリニックでしか、手術してもらえない可能性が高いので、きちんと対応しているところを選定しましょう。

広告募集中